軽貨物を始めるにあたって必要な物5つをまとめて紹介

shoes 軽貨物アレコレ




「これから軽貨物を始めようと思っているが、一体何準備すればいいか分らない」

軽貨物を始めたばかりでは、そんな状態の人も少なくないだろう。

 

そんな人達の為にこの記事では、軽貨物を始めるにあたり準備しておいた方が良いと思う物をいくつかして紹介しようと思う。

台車

まず、これは必須だ。現場によっては貸してもらえる事もあるが、自分用に一台持っておけば確実である。

コレが無いと荷物を運ぶのに鬼のように時間がかかってしまう。特に都心などのビルでは荷物を持てる分だけ手に抱え、エレベーターで上の階に上がり荷物を渡し、また車まで戻りと、かなり時間がかかってしまう。

 

管理人の体験談としては、少し大きめの物を買っといた方が良いかと思うと言うのも、案件によっては結構大きめのポスターを運ぶ事もある。「取っ手の部分を倒してそこにポスターを載せると良い」とベテランドライバーに教えてもらったが、小さい台車ではポスターが垂れ下がってしまいうまく運べないからだ。

作業用手袋

これは、ワークマンなどで売っている。安い物なら200円程度、高い物で2,000円弱の物まで幅広く売られている。

滑り止めにもなるし、印刷物を運ぶ時に手を切ってしまうなんて事も防げる。



 

ヘルメット

ヘルメットは、工事現場に工事で使う道具(発電機、ガソリンetc…)を運ぶ時に使用する。
工事現場に行く案件では、「ヘルメットを被って来てくれ」と指示される事がほとんどだ。

そのような案件をこなすつもりの人には必須のアイテムだ。

 

安全靴

これもワークマンで購入できる。

安全靴とは、つま先部分に鉄板が入っている靴の事で、重い物をつま先に落としてしまった時の怪我を防いでくれる。
自分の好みの物を購入すれば良いと思う。



 

(紙の)地図

本でも良いし、大きめの一枚の広げるタイプの物でもどちらでもOKだ。

知らない場所へ行く事も多い軽貨物。カーナビが壊れてしまった時でも、紙の地図があれば安心だ。また、今ではコンビニのコピー機でゼンリンの住宅地図をダウンロードできる。宅配をしようと思っている人は、住宅地図を持っていると便利だ。

 

便利な物は

と、軽貨物を始める上で準備しておくべき物(必須となる物)を紹介した。更に「あれば便利な物」については、【軽貨物】仕事をする上であったら便利なグッズを紹介で触れているので、そちらを参考にして欲しい。




error: コンテンツ保護中\(~o~)/ !!