「仕事が長続きしない」事が一概にダメな事と言えない理由

カエル 仕事・会社

世の中には、アルバイトを始め派遣社員や正社員でも、「仕事を長く続けられる人」「すぐに辞めてしまう人」が存在する。

「仕事が長続きしない」=「忍耐力が無い」など、悪く捉えられがちだが個人的には「仕事が長続きしない」=「悪い事」だとは思わない。

その理由を、「同じ仕事を続ける事でのメリット」「仕事をすぐに辞めてしまう(すぐに変える)事でのメリット」をそれぞれ挙げた上で考えて行こう。

 

 



同じ仕事を続ける事でのメリット/h2>

1つの決まった仕事を続けることで得られるメリットとしては、

  • 信頼を得られる
  • 慣れる
  • 技能が上達する
  • 仲間が出来る

と、言った点が挙げられる。

 

信頼を得られる

1つの決まった職場で同じ仕事を続ける事の大きなメリットとして、「信頼を得られる」と言うものがある。

働き始めは、その人の人間性にしてもまだ分らない部分が多い。が、コツコツと地道に頑張っていれば段々と上司や部下、同僚、社員、アルバイト仲間達からの信頼は積み上がっていくだろう。

 

慣れる

「慣れる」と、言っても色々ある。

  • 仕事面
  • 人間関係
  • 職場の環境
  • 通勤の道のり
  • 生活パターン

など、仕事に関する色々な面でよく言えば「慣れる」、悪く言えば「マンネリ化」する。

 

技能が上達する

1つの仕事を続けていれば当然、技能・技術が上達していくだろう。

同じ仕事でも、「1カ月しか続けていない人」と「3年続けている人」では、「3年続けている人」の方が技術面は上である場合が普通だ。場合によっては、その技術が自分の武器にもなる。

 

仲間が出来やすい

これは一概には言えない。

たとえ短い期間だけの短期バイトなんかでも、すぐに仲間を作れる人もいるだろうし、何年も働いていてもなかなか職場に打ち解けられない人もいるだろう。

ただ、「仕事をすぐ辞めてしまう人」の場合、仕事・バイト仲間と仲良くなる前に辞めてしまうケースが多くなるので、「仕事を続けられる人」に比べ仲間が出来づらくはなるかと思う。

そう言った点から、「仕事を続けられる人」の方が仲間は出来やすいかと思う。



仕事をすぐ変える事でのメリット

次に、先ほどとは反対に「仕事をすぐ辞めて、他の仕事に変えてしまうスタイル」のメリットを挙げると、

  • 経験が増える
  • 出会いが増える
  • マンネリ化を避けられる

と、言うようになる。

 

経験が増える

仕事にしろバイトにしろ、「1つの決まった場所で長く働かず色々な場所で働く」と言う事は、それだけ「人生においての経験値が増える」と言う事でもある。

例えば、「食品製造工場一筋」と言う人は人生の大部分をその工場内での仕事に費やさなければならない事になる。また、一生その会社の人間関係に付き合わされる事になる。

だが例えば、

  • ガソリンスタンド
  • アパレル販売員
  • 居酒屋店員
  • ビル清掃員

をやってみた人の場合、4業種分の経験や知識が増える事になる。たとえ期間が短くとも、その仕事を経験した事には変わりない。

>>>「バイトを辞めたい」のならすぐにでも辞めてしまっても良い理由

 

出会いが増える

これも、大きなメリットだ。

人間関係なんて自分が思っているよりも意外と狭いものだ。「毎日、家と職場の往復だけで終わってく」ような人の場合は特にだ。

そのような状態で「出会いが無い」と文句を言うのは少しおかしいかもしれない。毎日同じ人に合っているだけなのだから、「出会いが無い」のは当然である。

普段行かないような街へ行ってみるのと同じように、仕事場・バイト先を変える事は出会いを増やす1つの方法でもある。

>>>【コンビニバイト】○○な人との出会いを探すには?【タイプ別に紹介】

 

マンネリ化を避けれる

上記の2つからも、「1つの仕事をずっと続けた」場合に比べ、マンネリ化を避けれる事は明白である。



「仕事をすぐ辞めてしまう」場合でも良い事は多くある

gems

以上のように、「仕事をすぐ辞めて(変えて)しまう」事には、デメリットもあるがメリットも多くあり、一概に「仕事が続かない」=「ダメな事」とは言えないのではないだろうか。

もちろん「1つの仕事を続けられる」事も凄い事だ。そちらには、そちらのメリットもある。が、同様にデメリットも多くある。

したがって、「どちらが良い、どちらが悪い」と一概に言う事は難しいかと思う。




error: コンテンツ保護中\(~o~)/ !!