月曜からの仕事が憂鬱にならない為の4つの対処法

sun-2422959_640 仕事・会社

日曜日も終わりに近づいてくると「月曜日からの仕事が憂鬱だな」と思う人は多くいるかと思う。

毎日が日曜日なら良いのだが、現実はそうは行かない。嫌でも月曜日はやってくる。では、この憂鬱感はどうすればいいのだろう?

この記事では、「そもそも月曜日の仕事が憂鬱になる原因」から「月曜日からの仕事が憂鬱にならない為の対処法」を考えて行く。



そもそもなぜ月曜の仕事が憂鬱なのか?

そもそも、普段から「仕事が憂鬱、つまらない」と言う思いを持っている人は多いかと思うが、とりわけ「月曜日の出勤が憂鬱」と言う人が多い原因として、土日とのギャップがある。

 

土日が楽しすぎた

旅行、観光、レジャー、ショッピング、デートなど普段の仕事を忘れて思いっきり土日を楽しんだ結果、月曜日からの「つまらない仕事」とのギャップがあり過ぎ憂鬱な気分になってしまう。

土日をエンジョイできるのは幸せな事だが、エンジョイすればするほど仕事との温度差が出てきてしまう。

 

土日にダラダラし過ぎた

先ほどの「土日が楽しすぎた」とは正反対だが、「土日にダラダラし過ぎた」と言うのも「月曜日の出勤が憂鬱」になる原因の1つだろう。

思う存分自宅などでゴロゴロして好き勝手に過ごした土日と、しっかりと仕事をしなければならない月曜日とのギャップがあり過ぎるのだ。ONとOFFのスイッチをスパッと切り替えるのは難しいものだ。



対処法

girl-10395

月曜からの仕事が憂鬱にならないようにする対処法として考えられるものには、

  • 土日にダラダラし過ぎない
  • 土日出勤・平日休みの仕事をしてみる
  • 月曜の遅い時間に出勤OKな仕事をする
  • 出勤の必要の無い仕事(在宅ワーク)をする

と言うものがある。

 

土日にダラダラし過ぎない

特に、土日に外出せずゲーム、DVD・You Tube鑑賞、録画番組チェック、ネットサーフィンなど、家の中で過ごす事が多い場合はついダラダラしがちだ。

すぐにでも出来るダラダラしない為の施策としては「外出する」事だ。散歩や買い物など何でも良い。1日に1回でも良いのでとりあえず外に出る事で、まったく家から出ないよりは少しでもダラダラを解消できる

 

土日出勤・平日休みの仕事をする

(一般的には「日曜日と平日1日が休み」と言う形態の方が多いかもしれないが)例えば、土日が出勤日で月曜日・火曜日が休みの仕事をしてみた場合、自然と「月曜日の仕事が憂鬱」と言う問題は解消される。

だが、これだと曜日が変わっただけで「水曜日の仕事が憂鬱」になりそうだ。確かにその可能性はあるが、個人的には平日休みの方が仕事が始まる前の憂鬱感は少なくなるかと思う。

平日休みだと土日と比べて街には仕事モードの人が多く、土日より「休みの日感」と言うものは少ない。周りがこのような空気だと、平日休みが終わった後も意外とスムーズに普段の仕事に戻れる事も少なくない。

 

月曜の遅い時間に出勤OKな仕事をする

「土日が休み、月曜日の朝から仕事」と言う人は多くいるだろう。だが、世の中には多くの仕事があり、必ずしも「月曜日の朝」から出勤する必要のある仕事をする必要は無い。

月曜日のお昼近くであったり、月曜の午後や夕方から出勤が出来る仕事、シフトの入れ方をしてみても良いはずだ。特に「朝起きれない、朝が弱い」と言う人にはおすすめだ。

 

出勤の必要の無い仕事(在宅ワーク)をする

在宅ワークならば出勤する必要は無いまた、ある程度自分で作業計画は立てなければならないが作業開始時間も基本自由だ。

収入面さえクリアできれば、通常の会社員などより圧倒的にストレスの少ない仕事だ。




error: コンテンツ保護中\(~o~)/ !!