精神的にきつい仕事は肉体的にもきつくなる話。対処法もあり

heartache-18460 仕事・会社

バイトを始めとした仕事全般において精神的疲労・肉体的疲労は付き物だ。

現代はストレス社会とも言われ、日々仕事上のストレスを感じている人も少なくないのではないだろうか?

過去の経験からも、「肉体的疲労は精神的疲労からも来る」と個人的には思っている。

 

この記事では特に肉体的疲労の方に重点を置き、「なぜ肉体的にきつくなるのか?」「肉体的に楽に仕事をする為の対処法」を考えて行く。



なぜ肉体的にきつくなるのか?

tired-man

バイトを始めとした仕事全般において肉体的にきつくなるパターンは主に

  • 肉体的にきつい仕事
  • 精神的にきつい仕事

の2つとなる。

 

肉体労働は当然、肉体的にきつくなる

まず当たり前だが、現場仕事や宅配業者、引っ越し業者を始めとした肉体労働では肉体的疲労が大きくなる

また、長い間パソコンに向かっているようなデータ入力を始めとした事務仕事、コールセンターの仕事なども目や肩、腰に疲れが貯まり易くなる。

 

やりがいの無い仕事を嫌々やると

肉体労働の場合、体に負担がかかり肉体的にきつくなるのは当たり前だ。また、長い間パソコン画面に向かっていたり同じ姿勢をキープする仕事も肉体的に疲労が溜まり易い。

が、肉体的疲労が精神的疲労が原因で引き起こされる場合も少なくない。例えば、

  • 抱えきれない量の仕事を頼まれた
  • 職場の人間関係が良くない
  • 上司からのプレッシャーが凄い

などなど、精神的疲労を引き起こす原因を挙げたらきりが無いが、

  • 「やりがいの無い仕事・やりたくない仕事」を「嫌々」行っている

と、言う状態も精神的疲労を引き起こす原因の1つだ。

 

精神的疲労が肉体的疲労を引き起こす

少しスピリチュアル的な話になるが、「やりがいの無い仕事・やりたくない仕事」を「嫌々」行っていると、モチベーションは下がる。

そうすると、周波数が下がり意識は悪い方悪い方へ行ってしまう。そうすると、不思議と体の調子まで悪くなってしまう。



肉体的に楽に仕事を行う為の対処法

バカンス

バイトや仕事全般において肉体的に楽に仕事を行うには、

  • 肉体的負担の少ない仕事を行う
  • やりがいを感じられる仕事を行う

と、言う2つの対処法がある。

 

肉体的負担の少ない仕事を行う

まず、こちらの方法は単純と言うか、そのままだ。単純に下記に挙げる肉体的に負担の大きい職種を避ければ良い。

肉体労働

  • 現場作業
  • 宅配事
  • 引っ越し業

長時間パソコンに向かうデスクワーク

  • データ入力を始めとした事務作業
  • コールセンター

また人によっては、「長時間立ちっぱなしがつらい」と言う場合もあるだろう。そのような場合、

  • 居酒屋
  • コンビニ
  • 書店
  • スーパー、ドラッグストア
  • アパレル販売員

など接客業全般も、応募するかどうかを考えなければならない。(こんな事を言っていたら出来る仕事が無くなってしまうが。)

 

やりがいを感じられる仕事をする

 バイトを始めとした仕事全般において「肉体的に楽に仕事をしたい」のなら「精神的にきつく無い仕事」を選ぶ事も大きなポイントになってくる。「精神的にきつく無い仕事」としては「自分がやりがを感じられる仕事」かどうかが1つの大きなポイントになってくる。

やりがいを感じられれば、不思議とやる気も起こり積極的に楽しみながら仕事を行う事が出来る。そうすると、「やりたくない仕事を嫌々やっている」場合に比べ、不思議と肉体的疲労も軽減される場合が多い。

 

やりがいがある仕事 つまらない仕事
給料が高い A B
給料が低い C D

 

「やりがいを感じられる仕事」は、上記の表で言えば、AもしくはCの仕事となる。理想的なのはAだが、全員が全員Aの仕事を出来るとは限らない。

CはCで給与は低いが、その点を妥協してでも「やりがいのある仕事」を行った方が、給与の良いBより精神的な面では楽ではある。




error: コンテンツ保護中\(~o~)/ !!