初心者が首都高速を運転するコツ。初めて運転した時の話【下調べ無しでは無理ゲー】

syuto-freeway 軽貨物体験談

首都高の運転に慣れてしまった(ベテラン)ドライバーなら問題は無いだろうが、首都高を運転した事が無い「首都高初心者」が首都高を運転する場合、事前に準備する物であったり、頭に入れておくべき事がいくつかある。



カーナビは必須

首都高の運転に慣れてしまった(ベテラン)ドライバーなら問題は無いだろうが、初めて首都高を運転する「首都高初心者」にはカーナビの搭載を絶対におすすめする。地方や地方都市のような一般的な高速道路を想像して軽い気持ちで乗ってしまうと、パニックになってしまう可能性が低くない。

あらかじめ出発前、もしくは最悪首都高に乗る前に目的地を設定しカーナビに案内してもらおう。カーナビに目的地さえ入れてしまえば、後は自動でカーナビが案内してくれるので、カーナビの案内に従うだけでOKだ。



分岐点でどちらに行けば良いかを把握する

「首都高を上手く運転できるかどうか」=「分岐点でどちらに行けばいいかを正確に把握しているかどうか」と言ってもいいかと思う。

首都高の運転に慣れてしまった(ベテラン)ドライバーなら問題は無いだろうが、まだ首都高の運転に慣れていない内はカーナビの案内をよく聞き、分岐点でどちらに進めばいいのかをしっかり判断する必要がある。首都高の運転に慣れていなかった頃の自分も「本来進まなければならない方向の分岐点とは逆の方向へ行ってしまう」と言った失敗を何回か経験している。

それほど首都高には分岐点が多く、ここが他の一般的な高速道路とは異なる特殊な点でもある。

 

都内の下道走行経験もろくに無かった頃に首都高を走った結果【体験談】

一旦入ってしまえば出口までノンストップで次から次へと判断が要求される首都高。ビルとビルの合間を走り抜ける都会の中の巨大なサーキット場にも思える、そんな首都高を管理人が初めて走った時は悲惨であった。

 

「下調べ無しでは無理ゲーだ」

そう、管理人は何のシュミレーションもせず(カーナビを見ながら「ここでこう行ったら~で、次はこう行って~」的な)に首都高に挑んでいた。

「なんとかなるだろ」的な考えだ。(ま、急な仕事であまり時間が無かった、と言う事もあるが(←言い訳))

カーナビが頼りになればもっと楽だったんだろうが、なにせ車は会社から借りた物でカーナビも使い物にならなかった。しかし、これがそもそもの間違いだった。


分岐多すぎっ!!

そう、首都高で困るのはなんと言っても分岐の多さ。

今分岐が終わったと思っていたら、あっという間にもう次の分岐点。他の普通の高速道路ではまずあり得ない。のろのろと判断している時間など無いのだ。

 

最初の「訳わかめ」板橋本町~池袋周辺

まぁ、まずつまずいたのが板橋本町~池袋のあの辺の分岐だ。

ここは慣れてしまえばなんてことないが、初首都高の管理人にとってはあの辺でもう若干訳わかめな状態だった。まぁ、でもこの辺りなどほんの序章に過ぎないのであった。

 

「訳わかめ中の訳わかめ」だった箱崎ジャンクション付近

さらに訳わかめだった場所。それが、箱崎ジャンクション付近。

車は渋滞する上、分岐が何方向にもあるわ、、「果たしてワイは目的地にたどり着けるのか」と心が折れかけていた。いや、折れていた。



首都高、良いところもある

busan-night-scene-1747130_640

夜の首都高は別世界

悪い面ばかり書いたが、もちろん良い面もある。首都高は夜景が本当にキレイで(脇見し過ぎは危なし!)まるで映画を見ている感覚とも言える。

 

走っていて面白い

夜の首都高は昼より空いている事も多く、快適に運転できる時は楽しい。個人的に好きなポイントがいくつかある。

 

好きなポイント①銀座、宝町周辺

この辺りは、首都高の中でも珍しく道路が一般道と同じ(もしくは一般道より下の)高さにある。

そして、突如2車線の間に橋脚が現れたりする。なんだか分らないが、ワイはこの辺りが走っていて面白いのだ。

 

好きなポイント②呉服橋辺り~池袋

この辺はビルも多く夜景を見るには絶好のポイントだ。夜走るにはおススメのスポットだ。



error: コンテンツ保護中\(~o~)/ !!