そもそも軽貨物とは?大手宅配業者などとの違いを解説


「名前はよく聞くけど具体的に軽貨物ってどう言うものかよく分らない・・・。」と言う人も多いと思います。

そもそも軽貨物とはどう言う物か?を解説していきます。

スポンサーリンク



軽貨物の特徴

4ナンバー(営業ナンバー)の軽自動車での配送

そもそも軽貨物とは、(会社からレンタルした or 自分で所有している)4ナンバー(営業ナンバー)の軽自動車で荷物を配送する仕事です。

4ナンバーと言うのは、(見た事があるか分りませんが)黒地に黄色字のナンバープレートの事です。

普通軽自動車のナンバーは黄色地に黒い文字なので、それが真逆になった物です。

よく小学生等が「クロッキー」と言っているものです(笑)

4(営業)ナンバーの取得方法は、また別の記事で。

 

軽貨物=個人事業主、経費は自分持ち

軽貨物の場合、会社員で無く個人事業主となります。

普通に大手の宅配業者などで社員として働く場合は、ガソリン代、車の維持費などは会社が払ってくれますが、軽貨物の場合は全て自分で払わなければいけません。

服装が自由だったり、割と自由に仕事が出来ると言った良い面がある反面、こう言ったデメリットもあります。

 

仕事内容

有名なものでは、佐川急便やヤマト運輸が自分達だけでは配りきれなかった(アマゾンとかの)荷物を分けてもらって配送する、なんて仕事があります。

 

もちろん他にもスポット・チャーター等、たくさんの仕事があります。

詳しくは、関連記事の【軽貨物】某KBT-GROUPで働いてみて・・・もうコリゴリ【体験談】や、【軽貨物】関東圏(東京、埼玉、神奈川周辺)の案件例(スポット・チャーター)3つをチラッと紹介【体験談】を見てもらえば良いと思います。

 

自由度は高い

軽貨物は、会社員のように月~金曜の朝○○時~夕方○○時、のように決まった勤務時間はありません。

自分の気分でシフトが自由に組めます。

服装も割と自由なことが多いです。

 

案件が多いのは?

案件の多さはやはり、東京、埼玉、神奈川をはじめとする関東圏が割と多いようです。

この辺は会社や工場が多いので、宅配をせず工場~会社への定期便・スポット便を中心にこなしている方も多いのでは無いでしょうか?

 

スポンサーリンク



まとめ

と、まあ簡単にですがこんな感じです。

 

「フリーダムッ!て感じがするのぅ・・・」

 

 

関連記事

軽貨物を始めるにあたって準備すべき物をとりあえず5つあげてみた

【軽貨物】仕事をする上であったら便利なグッズを紹介

 

PR
軽貨物運送で成功した10人の社長たち Part2

軽貨物ドライバー・軽配送の仕事をやってみた! 脱サラ・起業・独立・自営業 改訂2.0

トランスポーターの成功法則: 軽貨物運送事業で、夢の年収1,000万円への近道