【軽貨物】結局どれが一番儲かるの?それぞれの案件の特徴を比較【Amazon(等宅配)案件?長距離案件?企業便?】





様々な案件があり、自分に合う物を選べるのも一つの魅力である軽貨物。
だが、「やるからにはお金になるものの方が良い」と考えている人は多いだろう。

だが、実際にはどれが一番儲かるのか・・・?
管理人の体験をもとにこの3つを比較してみたいと思う。




【軽貨物】結局どれが一番儲かるの?

Amazon(等宅配)案件

Amazon案件は、その会社にもよるだろうが荷物一個あたりの単価が140~160円程となる。

それらを慣れてない人だと一日、~100件弱
多い人では一日で150~200件程個人宅を回り配達すると言う物。(これは、相当慣れている人の場合)

距離的にも、割と近場を回るのでガソリン代等の経費もそこまでかからないだろう。

ちなみに、Amazon案件では「夜の時間だけ」の案件もあるようだ。

どらっぐぱぱすは、一件当たり500円程度であった。

「なんだよ!どらっぐぱぱすの方がおいしいジャマイカ!」と思うかもしれないが、どらっぐぱぱすの場合荷物はコンテナボックスに入っていて一度に車に積める数も限られる。

そして、積んでる荷物を全て配達したら、また店舗に荷物を取りに行きなければならない。意外と時間がかかる。

自分の場合、多くて1日35件程
平均で1日30件行くか行かないかといった所であった。

 

メトロの場合は、午前中働いて○○円、午後働いて○○円と言った感じの決め料金であった。

 

銀のさらの配達代行時給2,000円であった。
時間的には、一回当たり4、5時間だ。

多少ガソリンは使うが長距離案件程ではなく割が良いかもしれない。




 

長距離案件

長距離案件の場合は、だいたい距離orエリアで料金が決まってくる。

当然、配達先が遠くなればなるほどお金は良いが、必ずしも遠くに行くほど稼げるかと言ったらそうとも限らない

遠くへ行けば、その分ガソリン代高速代等の経費が多くかかってしまう。

また、一回一回の走行距離が長くなるとイル交換等のメンテナンスの頻度も上がってしまう。

「思ったよりお金にならない」と言うのが実態のようだ。

 

企業便(定期便)

一番安定しているのが企業便ではないだろうか?

ルートも決まっていて毎日しっかり仕事があるのは、この仕事では魅力的だと個人的には思う。

スポットのように「今日は仕事無いです・・・」みたいな事は基本無いので、

「昨日は2万円程稼げたけど今日は3,000円程しか稼げなかった・・・。」

みたいな波がない。

 

「安定した仕事が欲しいっ」って人にはおススメだ。

 




まとめ

それぞれに良い面・悪い面がある。

そして、必ずしも自分の希望した案件があるとは限らない。
初めの内はやりたくない案件でも地道にこなして、会社にアピールする事ももしかしたら大事になってくるかもしれない。

 

体感的に稼げる順番は、

①(それなりに慣れれば)Amazon案件
②(それなりに慣れれば)宅配案件全般
③定期便
④長距離案件
⑤スポット

と言ったところか。

(もちろんコレはあくまで自分の体感だ。スポットや長距離で稼いでる人ももちろんいるだろう。)

▼求人サイトまとめページは↓