軽貨物を始めるにあたって必要な物を5つあげてみた


「これから軽貨物を始めようと思っている。だけど一体何準備すればいいか分らない」
「何を用意すれば軽貨物の仕事が出来るの?」

そんな人達の為に管理人が、軽貨物を始めるにあたり準備しておいた方が良いと思う物をいくつかピックアップして紹介しようと思う。

スポンサーリンク



【軽貨物】始めるにあたって準備すべき物

台車

まず、これは必須です。
コレが無いと荷物を運ぶのに鬼のように時間がかかってしまいます。
台車が無いと、(特に都心などのビルでは)荷物を持てる分だけ手に抱え、エレベーターで上の階に上がり荷物を渡し、また車まで戻り・・・と、かなり時間がかかってしまいます。

管理人の体験談としては、少し大きめの物を買っといた方が良いです

と言うのも、案件によっては結構大きめのポスターを運ぶ事もあります。
「取っ手の部分を倒してそこにポスターを載せると良い」とベテランドライバーに教えてもらったんですが、小さい台車ではポスターが垂れ下がってしまいうまく運べません。

 

手袋


これは、ワークマンなどで売っています。
500円程の物から2,000円弱の物まで幅広いですね。

滑り止めにもなるし、印刷物を運ぶ時に手を切ってしまうなんて事も防げます。

 

ヘルメット


これは、工事現場に工事で使う道具(発電機、ガソリンetc…)を運ぶ時に使用します。
工事現場に行く案件では、「ヘルメットを被って来てくれ」と指示される事がほとんどです。

 

安全靴


これもワークマンで購入できます。
自分の好みの物を購入すれば良いと思います。

 

地図


本タイプでも良いし、大きめの一枚の広げるタイプの物でも良いと思います。

知らない場所へ行く事も多い軽貨物。
いざ、カーナビが壊れてしまった時でも、紙の地図があれば少しは安心です。

また、今ではコンビニのコピー機でゼンリンの住宅地図をダウンロードできます。
宅配をしようと思っている人は、住宅地図を持っていいると便利かもしれません。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
軽貨物を始めるにあたって準備すべき物をとりあえず5つあげてみた

 

これらは、本当に初歩的な物です。
やっていくうちに「あれもあった方が良い!これもあった方が良い!」と気づくと思います。

この記事が少しでも参考になれば。

 

 

関連記事

【軽貨物】1回2万3000円の案件行ったら大変なことになった話

管理人の様々な体験談 2度としたくない仕事編①軽貨物(宅配)

【軽貨物】「勢いで始めてみたけど思った以上に稼げない・・・」と悩んでいる人への3つの提案

PR
軽貨物運送で成功した10人の社長たち Part2

軽貨物ドライバー・軽配送の仕事をやってみた! 脱サラ・起業・独立・自営業 改訂2.0

トランスポーターの成功法則: 軽貨物運送事業で、夢の年収1,000万円への近道


スポンサーリンク