運送業の未来はどうなるのか? 自動運転~ドローン宅配

技術の進歩で自動運転車やドローンが開発される現在。

果たして、現在のような形の運送業はいつまで続くのか?




自動運転宅配の強み・弱点

強み

  • 長距離運転も楽々

 

弱点

  • 車がハッキングされないか?

 

自動で運転してくれるので、長距離の運転でドライバーが疲れると言う事がない。

また、人間より正確だろうから交通事故も減るのではないか?

 

ただ、たびたび取り上げられることがあるが、やはりハッキングは心配だ。

 




ドローン宅配の強みと弱点

強み

  • 渋滞がない

 

弱点

  • 重い荷物を運べない

 

簡単にだが、思いつくものとしてはこんな所か?

 

まず、渋滞を気にしなくていいのは大きい。

首都圏の主要な道路では、毎日当たり前のように渋滞が発生する。

渋滞にはまるとどうなるか?

 

渋滞にはまる→排気ガス量・ガソリンの消費量が増加→環境汚染・ガソリン代の増加

と言う負の連鎖が起こる。

さらに業務終了時間が遅くなる等、とりあえず渋滞にはまると何一つい良い事がない。

さらに渋滞にハマった時のイライラときたら・・・。

 

これらが解消されるとなれば、(配達時間も早くなる可能性があり)ドライバーにも消費者にも嬉しい事態だ。




ただ、ドローンの場合重いものが運べないと言う弱点がある。

何台かのドローンを連携させて1つの重い荷物を運ぶ、などやり方はあるだろうが、重い物に関してはまだしばらく人間に頼ることになるのだろうか・・・。

 

まとめ

ドローンでも運べる軽い荷物の配送は、これから徐々に広まっていくのではないか?と思われる。

ただ、重い荷物等に関してはしばらく人の手に頼るんではないだろうか?

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です