【体験談】長時間拘束当たり前。2度としたくない仕事 ①軽貨物(宅配)【地獄を見る】





そもそも軽貨物を始めた理由は「自由な感じだし稼げそうだな~」と言う軽いものだった。

そんな、なんとなく始めてしまった軽貨物、最初のころ某KBT-GROUPで宅配を中心に行っていた時の経験を中心に書いていく。



 2度とやりたくない仕事 軽貨物(宅配)

たまに求人誌で見かける軽貨物の仕事。(自分もタウンワークで見つけ応募した。)

 

 軽貨物(宅配)のメリット・デメリット

メリット

  • 報酬が高い
  • 体を動かす事が好きな人にはぴったり
  • 一人で回れるので面倒な人間関係が少ない

 

デメリット

  • 拘束時間が長い
  • 不在がある
  • 重い物中心

と言ったところか。

 

軽貨物 宅配の仕事内容

軽貨物・宅配の仕事としては

  • ネットスーパー購入商品の個人宅配送
  • ドラッグストア購入商品の個人宅配送

が主な仕事だ。

 

個人宅なので不在もあるし、荷物もペットボトル飲料(2L×6本)があったり重い物が多い。

しかも、店舗が違う商品の搬入・積み込み場所が違う(分りにくい)事が結構あるこう言う細かいところで時間が取られる。

頭の中では「○○時○○分にこの家に行って、それが終わったら店舗に戻って・・・で、○○時○○分までに荷物を積んで・・・」みたいにシュミレーションするが、まず予定通りに行かない。

あとは、場所によって駐車違反に気をつけなければいけない。



 

 軽貨物 宅配以外の仕事

軽貨物事業で宅配以外の仕事としては、

  • スポット便
  • チャーター便
  • 企業定期便
  • ハンドキャリー便

などがある。

 

スポット便

名前の通りスポット的(単発的)に入る仕事だ。

「(今日だけ)どこどこの会社で○○の荷物を引き取って、○○の○○さんまで届けて欲しい」のような感じだ。

このスポット便は、距離(何Km走ったか?)やエリアで料金が決定する。当然、近場は安く、遠くなればなるほど料金は高くなる。

 

メリットは毎回引き取り先、配達先が違うので新しい発見・出会い等がある。

デメリットは、これもまた毎回引き取り先、配達先が違うので、

  • 近くまで来たのになかなか目的地(詳しい納品場所)が見つからない
  • 道に迷いやすい

などがある。

 

チャーター便

時間で料金が決まるものです。

1時間○○円×○時間 と言う普通のバイトと同じような時給制システム。

 

企業定期便

企業~企業へ荷物を配送する仕事。

企業間なので何かの材料等重い物の場合もあるが、ある程度ルートも決まってくるし不在も無いし、宅配より全然楽だと思う。

今日仕事が出来るけど聞いてみたら仕事が無い、みたいなことが無く他のものより安定して収入を得る事が出来ると思う。

 

ハンドキャリー便

こちらは車での配送ではない。

依頼人から荷物を受け取り、その荷物を持って新幹線や飛行機に乗り荷受人まで荷物を届けると言う仕事だ。(こうして文章だけで見ると、危ないビジネス的な匂いを感じてしまう(笑))



 

 実際に仕事してみて感じた事

ここで書いていく事は、宅配に限らず軽貨物の仕事全般に当てはまる事が多い。

実際にやってみた感想としては、一人で回るので煩わしい人間関係が無いのは良かった。あと、知らない街にドライブ感覚で行けるのも良かった。

だが、(特に慣れない土地で抜け道を知らないと)渋滞にハマる事が多々ありイライラさせられた。

 

(この仕事をうる上でのイライラする要素、他には・・・

  • 信号が長い(国道等の大きい道路に交差する場所では特に信号が長い傾向にあります)
  • 建物名、住所の名称が似ている違う場所に来てしまっていた
  • 不在
  • 割と頻繁に電話のやり取りがある 等。)

 

信号が長いとついついやってしまいがちなのがスマホチェック。

前の車が(おそらく)スマホをいじっていて、信号が青になったのに気付かないと言う場面には何十回も遭遇している。あれは迷惑だ。

 

建物名、住所の名称が似ている違う場所に来てしまっていた

これは、急いでる時はやってしまいがちだ。管理人も何回かやってしまった。こう言う時、本当に面倒くさい

お客さんから「まだ来ないのか?」と言う電話は来るし、そこからまた目的地まで向わなければいけないので時間もガソリン代も無駄になるし・・・。

 

不在

これも面倒くさい。

荷物を一度降ろしていたら、また積み直さなければいけないし、家に行ったのに荷物が減らず車が軽くならないのは精神的にもなんかサッパリしない。




 軽貨物をおススメしない理由

この軽貨物、個人的にはおススメしない。

数字の罠

よく求人誌に「入社○年目Aさん ○月の収入例 日給○万○千円×○日=月収○○万円」と「え?こんなに稼げるの!?」と思ってしまうような内容が記載されてますが、期待しない方がいい。

その理由、詳しい事については【軽貨物】誇大広告に騙されるな!詐欺まがいな業界 ドライバーから絞り取るシステムで触れている。

 

他にもこんな理由

他にも軽貨物をおススメしない理由としては、

  • (営業ナンバー取得などの)手続きが面倒
  • 放任的

その中でも特に宅配をおススメしない主な理由としては、

  • 終わらない(拘束時間が長い)
  • 店舗によってやり方が違う
  • 不在があると面倒くさい

と言ったところだ。




放任的

と言うのは、個人事業主だからなのか分りませんが、基本的に会社の対応が冷たい、と言うか「勝手にやってね」的な空気をバシバシ感じました。

「とりあえず、○○時に○○の○○店に行ってね~。住所は○○○○ね~。じゃ、終わったら日報さえあげてくれればいいから~。後は知らないよ~。勝手にやってね~」みたいな。

もちろん実際の言葉づかいはもっと普通だが、聞こえ方としてはこんな風に聞こえた。

 

終わらない(拘束時間が長い)

自分は某ドラッグストアの個人宅宅配をしていた。だが、これが終わらない・・・。

この仕事は(ドラッグストアの)実店舗で荷物を積む所から始まりり、宅配→店舗に戻り荷物を積む→宅配 と言うルーティーンだがが、たいてい毎回

荷物を車に積む→宅配する→店舗に戻る→荷物が増えてると言う繰り返しであった。いくら宅配しても終わりが見えなかった。

結局朝の10時ごろから仕事を開始して、終わるのが夜9時なんて普通であった。ひどい時は夜11時に終わるなんて事も。

「そんな時間に宅配に行ったって迷惑でしょ(笑)?次の日でいいじゃん」って思うのですが、なぜかやらされた。




まとめ

作業的に楽ではないし、相当上手くやらないと稼ぐのは難しいと思う。

宅配自体はそんな楽しくないし「ロイヤリティや経費が引かれるとそれほどお金にならないな・・・」と言うのが正直なところであった。

 

軽貨物(宅配)はこんな人におススメ!

  • 「稼げなくても(おこずかい程度で)良いから楽しんで仕事がしたい!
  • ドライブが好き!
  • 一人が好き!

って方には良いと思う。



軽貨物の仕事を探そう!

さんざん嫌な面ばかり書いてきたが、それでも「軽貨物の仕事がしてみたい!」と言う人はネットの求人サイトでも載っているのでチェックしてみると良いかと思う。

 

▼求人サイトまとめページは↓

 

■こちらも更新中!
主にお金に関する情報を発信中

PR
軽貨物運送で成功した10人の社長たち Part2
軽貨物ドライバー・軽配送の仕事をやってみた! 脱サラ・起業・独立・自営業



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です