コンビニを題材にした本3冊を紹介

当サイトでは、コンビニバイトのアレコレや体験談を載せてる事もあるので今回はコンビニをテーマに取り扱っている本を紹介していこうと思う。



コンビニを題材にした本

コンビニオーナーになってはいけない

コンビニオーナーになってしまったことで待ち受ける地獄など描かれているようだ。

特にコンビニオーナーになろうと考えている人は一度読んでおおいた方が良いかも?

 

コンビニ店長の残酷日記

コンビニバイト時には本当に毎日多くの廃棄が出ていた。そして店長の顔色は悪い日が多かった。

この本ではそんな「コンビニ店長の残酷な日常」が書かれているようだ。おそらく、これを読めばコンビニのリアルが見えてくるだろう。

 

コンビニ外国人

今は、本当にコンビニ店員に外国人が増えてきている。それも様々な国の出身者がいる。

この本は、そんな「日本のコンビニでアルバイターとして働く外国人達」に迫った物になっている。