他人がやりたがらない”つまらない仕事”ほど続けるべき理由



つまらない現場とは?

「つまらない仕事・現場」と言うものは人によっても違うと思う。
が、個人的に「つまらない」と感じるのは工場などの単調作業だ。

仕事内容が単調すぎるので、開始30分で「もう帰りたい」と思うことも多々ある。

 

もちろん「つまらない仕事」と言うのは、人によって違うだろう。
接客業が「つまらない」と感じる人もいるかもしれないし、
運送業が「つまらない」、コールセンターの仕事が「つまらない」と感じる人もいるだろう。

おそらく、本人が「つまらない」と感じれば、「つまらない」現場なのだ。



人手不足になりやすい


が、そのような他人がやりたがらない「つまらない仕事」と言うのは、それだけ人手不足になる事が多々ある。

派遣の現場にしても、「人手が不足している」と言う現場は多くある。

なので、「仕事に困っている」と言う人がどこかしらの現場で1度でもシフトに入る事が出来たのなら、それがたとえつまらなくても辛抱強く続ける事をおススメする。

その現場で辛抱強く仕事を続けていれば「信頼」を積み重ねることが出来る。そして、いつか待遇が良くなると言う可能性も充分ありえる。