コンビニ深夜バイト-おでん什器清掃のコツ・ポイント





おでん什器の清掃は、フライヤー・フライヤー商品保温器の清掃と同じくコンビニバイトの深夜シフトの人間の仕事の1つだ。

この記事では、おでん什器の清掃の手順やコツ・ポイントを簡単に紹介使用と思う。



おでん什器清掃手順

①電源OFF

まずは、おでん什器の電源を切る。

特に指示されていなかったり、操作できる場所に電源スイッチが無い場合は、ここは飛ばしてしまって構わない。

 

②廃棄

売れ残っているおでん商品を廃棄登録する。

 

③汁を捨てる

什器が冷めるまで待っても良いし、台拭きなど使いやけどしないように気をつけつつ什器の(銀色の)容器だけ持ち上げ、残っている汁を流しで捨ててしまう。

 

④洗う

汁を捨て終わったら、洗って行く。

仕切りや底に敷かれている物も全てばらし洗って行く。

 

⑤乾燥

洗い終わったら、流し台の上など場所がある所で什器を乾燥させる。

これで一通り終了だ。



清掃の際のポイント

やけどに要注意

おでん什器は、かなり熱くなっている。

廃棄を行う際や、内側の容器を持ちあげ汁を捨てる時は特にやけどに気をつけたい。

 

廃棄数の間違いが無いように

フライヤー商品と違い、おでんの場合は長時間販売されている物だと、最後の方は柔らかくなってしまい、形がバラバラに崩れてしまっている物もたまにある。

レジで廃棄登録する際には、数の数え間違いに気をつけたい。