軽貨物を辞めた現在、感じている事をリアルに話す





今現在、自分が軽貨物の仕事を辞めてからある程度経つが、そんな今自分が感じている事をリアルに話そうと思う。



金銭面

生活が楽になた

軽貨物を辞め、まず金銭面における生活がいくぶんか楽になった。

【軽貨物】誇大広告に騙されるな!詐欺まがいな業界 ドライバーから絞り取るシステムでも触れているように、高収入を謳うだけ謳い、実際はそこまで稼げるものではないので、毎月経費の支払いでお金が出ていくばかりだったが、現在はようやく少しマトモな状態に戻りつつある。

まだ、余裕がある訳ではないが、それでも軽貨物をやっていた頃よりはだいぶマシである。

 

引き落としの嵐からの解放

やっと毎月の引き落としの嵐から逃れることが出来るようになった。

これで、通帳を見るたびにイライラする事も減った。

 

  • 高額な車両保険
  • 毎月3万円前後のガソリン代

これらが抑えられるだけでも生活は楽になる。




精神面・生活面

生活が規則正しくなった

軽貨物をやっていた時は毎日のように違う現場へ行き、行かされる場所によって帰宅する時間もバラバラであった。

場所によっては渋滞がひどい場合もあったので、帰宅できる時間は本当にその日の運次第みたいな所があった。

 

軽貨物の仕事に比べ、今の仕事(や生活)は悪く言えば、「繰り返しで面白みは無い」が、ある程度決まったパターンで動ける事はかなり楽である。

パターンに慣れてしまえば、あとは繰り返すだけである。

 

ストレスが減った

確かに、今の仕事でも多少のストレスはある。それは否定しない。

だが、軽貨物をやっていたころと比べると圧倒的にストレスは減ったのは間違いない。

 

毎日のように知らない土地へ行き、長時間カーナビとにらめっこをして、そんな事をしていると顧客から「荷物はまだ届かないのか?」と急かされ、帰りは渋滞にはまり・・・と、このような事はもううんざりである。