コンビニバイト-ウォークイン飲料補充のコツ・ポイント





ウォークイン飲料の補充は主に夜勤の仕事である。

この記事では、ウォークイン飲料補充作業のコツ・ポイントを簡単に紹介したいと思ふ。



コンビニバイト-ウォークイン飲料補充のコツ・ポイント

レジを気にしつつ手早く

一人で無く、複数人体制で勤務している場合なら他の人にレジを頼めば問題ないが、一人体制でウォークイン飲料の補充作業を行う場合は、(常にとは言わなくても)ある程度レジに意識を向けておく必要がある。

タバコだけ買いに来た人だと特に来店の察知が難しいので要注意だ。

 

コンビニバイト-知っておきたいサボるのに最適な場所でも触れたが、ウォークイン内は冷房が効いているので長時間かけ、のんびり作業していると寒くなるので、時々ウォークイン外に出たり、ある程度手早くやってしまう必要がある。

 

種類ごとに固めて置いておく

基本的に飲料は24本、12本入りなどの段ボールで運ばれてくる。

そして、ウォークイン内の棚に置かれている在庫飲料の配置は夜勤の人間に結構決定権的なものがあった。(主に夜勤の仕事なので)

 

なので、夜勤の人間ならある程度自分の分りやすいように飲料を配置するのが良いかと思う。それによって作業効率が違ってくる。

缶コーヒー1つにしてもBOSSをはじめ様々な種類があり、あまりにバラバラだと一回一回補充すべき飲料が置いてある位置を探すのに時間がかかってしまう。

 

詰め過ぎに注意

飲料を補充する際は、レーン的な所に缶・ペットボトル飲料を入れていくのだが、その際には手前側に1本分もしくは、2本分余裕を持って辞めといた方が良いかもしれない。

 

お客さんが飲料を取る際に、飲料が多少なりとも(お客さん側から見て)奥側に押されることがある。

そう言った場合、ぎゅうぎゅうに詰めてしまっていると一番奥(ウォークイン側)の飲料がウォークイン内の床に落ちてしまい、商品破損に繋がりかねない。

 

関連記事

コンビニ深夜バイトの仕事-フライヤー清掃の仕方・コツ・ポイント

コンビニバイトでぶち当たる壁。タバコの種類って覚えなきゃダメ?

コンビニバイト-商品別商品陳列のコツ・ポイントを解説