【軽貨物】去年のとある月のリアルな月収を公開する【嘘偽りなし】






このサイトは、「ドライバーを集めたい軽貨物業者が誇大広告を載せる求人誌のような場」では無い。

【軽貨物】誇大広告に騙されるな!詐欺まがいな業界 ドライバーから絞り取るシステムでも触れているように、軽貨物業界は高収入を謳った(詐欺まがいの)広告が多いが、「実際のところ収入はどうなの?」と気になる人も多いかと思う。

実際、自分自身もそんなひとりであった。

 

と、言う事で自分の去年(2017年)のとある月の軽貨物でのリアルな売り上げ額~手取りまでを公開しようと思う。



2017年のとある月のリアルな売上~月収

ざくっとこんな感じである

項目 額(単位:円)
課税対象額(売上) 約257,000
業務紹介料 約-38,000
登録費 -30,000
事務手数料 -5,000
車両レンタル -30,000
運送保険 -3,000
消費税 約12,000
合計 約163,000

(見やすくするため、端数は省きキリの良い数字にした。)

 

これはKBT-GROUPで約23日ほど(定期便&スポット的に宅配)稼働した月の売り上げ~手取りの詳細である。

関連記事>>>【軽貨物】某KBT-GROUPで働いてみて・・・もうコリゴリ【体験談】

 

売上額だけ見れば「お、そこそこ・・・」と思うかもしれないが、ここから業務紹介料、登録費、などなど色々な費用を搾取しにかかる。

 

加盟金の支払い方法は2択

ちなみにKBTでは、加盟金の支払い方法を2通りから選ぶことになる。

  • ①月々3万円×2年(24か月)払い=計72万円
  • ②最初(契約時)に70万円一括払い

このどちらかである。

 

①の場合は毎月の売り上げから3万円が自動的に引かれることになる。

②の場合、一括で払う事によりトータル的に①より支払う金額は少なく抑えれるが、続けられるかもわからない仕事の為にいきなりこれほどの額のお金を出す気にはなれなかった。

これから軽貨物を始めようか迷っている人にも②はおススメしない。

今思えば、①を選択しておいて本当に良かった。

 

あと、ここは売り上げに対しての消費税も支払うシステムらしいが、この程度では何の足しにもならない。




 

ここから経費の支払い

更にこの約16万円の中から、

  • ガソリン代(約2.5~3万円)
  • 任意保険料(約2万円)
  • (必要なら)オイル交換費

などを支払う事になる。

 

そうすると、手元に残るのは10万ちょっとである。

更に、車を酷使するので何かと車に不具合が出る事も少なくない。修理費も意外と痛手になったりする。

 

そう考えると、普通にバイトや派遣で働いた方がよっぽどお金になる。

関連記事>>>【派遣体験談】「こんな楽でええの?」楽だった仕事①倉庫仕分け・ピッキング作業(チルド商品)

 

これでもやろうと思うか?

更に、事故のリスクなども合わせて考えると「比較的自由に仕事が出来る」と言うメリットよりもデメリットが上回り、自分は辞めることにした。

この仕事を続けても将来があるように思えなかった。

 

まとめ

今回紹介したのは去年一年間の中でもまだ良い方の売り上げ・月収である。これより酷い月もある。

高収入を謳う広告が多いが、実際はこんなものではないだろうか?

ま、稼いでる人もいるのかもしれないが、自分はさっさと見切りをつけた方が良いと感じた。




関連記事

【軽貨物】誇大広告に騙されるな!詐欺まがいな業界 ドライバーから絞り取るシステム

【軽貨物】「勢いで始めてみたけど思った以上に稼げない」と悩んでいる人への3つの提案

 

PR
軽貨物運送で成功した10人の社長たち Part2

軽貨物ドライバー・軽配送の仕事をやってみた! 脱サラ・起業・独立・自営業 改訂2.0

トランスポーターの成功法則: 軽貨物運送事業で、夢の年収1,000万円への近道